時を超え安藤昌益先生をたずねて
「時を超え」とは言うものの,つい先ごろとも思える十八世紀の初め,安藤昌益は大館近郊の二井田に生まれた。謎の多い北東北の思想家の語る言葉に日々耳を傾けてみる。(管理人判断でコメント等は随時削除)
どこまでも「真」の営み
山沢ハ真ノ農耕用種ナリ。河川ハ真耕シノ用水ナリ。温・熱・涼・寒ハ真ノ直耕・八節ノ精力ナリ。風雨ハ真ノ息液,転定・気水ノ通用ナリ。奇ナルカナ。妙ナルカナ。」(刊本自然真営道 巻一 農山漁村協会版21-346)

 その前の箇所あたりからすべて主語は「真」であり,「真」というものをどこまでも擬人化して表現している。
 つまり,ここでの述べられているのは,「真」が山や沢から種を採り出し,河川から農耕用水を引き出しているという自然を動かす「真」の営みである。
 気候・寒暖の差は,作物を育てる「八節」を導くエネルギーとなる。そして,風は「真」の吐く息であり,雨は「真」の唾液であって,天地に満ちている大気や水の大きな循環の様子がアニミズム的に描かれる。
スポンサーサイト
【2017/07/17 19:16】 | 日本思想 | トラックバック(0) | コメント(0) |
世界観と言うよりは世界感覚のような
「故ニ転定ハ真ノ家ナリ。四時ハ真ノ体ナリ。四隅ハ真ノ手足ナリ。日月ハ真ノ両眼ナリ。星辰ハ真ノ骨肉ナリ。八節ハ真ノ直耕ナリ。」(刊本自然真営道 巻一 農山漁村協会版21-346)

 このくだりを読んでいると,昌益の世界観と言うよりは「世界感覚」とでも言うべきものが見えてくる気がする。それが,思いのほか人間中心的な一面をもつものであることが分かるのではないだろうか。

 比較的若い頃に書かれたこの刊本でも,この箇所のように擬人的でアニミズム的な意味合いを含んだ記述が随所に見られる。
【2017/06/01 20:47】 | 日本思想 | トラックバック(0) | コメント(0) |
土と也で「地」というのは
「故ニ土ハ土也ニシテ転定ノ定ニ非ズ。」(刊本自然真営道 巻一 農山漁村協会版21-344)

 その前の箇所で「土と也を組み合わせて地とする漢字はおかしい」と言い,揺るぎない静的イメージで「地」と書くのは「妄失」とまで言っておきながら,ここでは「地は土と也で」と書いてスルーしてしまうのだから,読む方はやや戸惑いを覚える。
 この段で強調されているのは,大きくて広く静かな海に対する大地(土)の生産的で運動するイメージの対比である。それなのに,「土也」に由来する「地」の漢字を大地に充てるのでは,意味合いがあまりに静的に過ぎるからズレが生じるということ。

 昌益の書く物にはこのように多層的にたたみかける記述が多く,そもそもの「真栄道」的世界観に描かれる海・大地の位置づけと,漢字表記から来る意味合いとが重ねられてしまうので,本人でなければ分からないところが出てくる(?)。
【2017/05/08 18:56】 | 日本思想 | トラックバック(0) | コメント(0) |
万物すべからく大地から生まれ
「今省ヨ。海ハ止静ニシテ能ク定マルナリ。故ニ定ハ海ナリ。省ヨ、土ハ木火ノ転ト金水ノ定トノ間ニ中体シテ、転定・気水、土ニ感合シテ、人・物ノ体皆土ニ見ハル。」(刊本自然真営道 巻一 農山漁村協会版21-344)

 このあたりの記述からは,昌益流世界観の大枠がよく分かる。
なぜ「天」ではなく「転」でなければならないのか、また、「地」ではなく「定」でなければならないのか、についてここで繰り返し書かれている。

 つまるところこの世界,人はいつも人間中心の小さい目で見ているから「天地」の二元的世界とだけ思いこんでいるけど,客観的に俯瞰するような目で見れば「転定」が互いに関わりながら運動し続ける無限に広がる一元的世界にほかならないと言うのだ。 
 しかも,その「転定」の中間に大地が在って,その土の中から生き物も人間も,その他の事物もすべて形作られるという話になる。
【2017/05/03 21:26】 | 日本思想 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「妙行」というのは
「故ニ万事・万物妙行ヲ尽ス,唯一物・一事ナリ。故ニ転定ハ五行・進退ノ一気ニシテ無始無終ノ一体ナリ。」(刊本自然真営道 巻一 農山漁村協会版21-343) 

 ここに顔を出す「妙行」の一語には,注意を払う必要がある。 
「妙」の一文字が出てくる文脈では,いつも一言で分かりやすく語ることが難しい動き・構造について語られているからである。(昌益先生が若い頃に禅寺で修行したことで,「妙」の文字に馴染みがあるというわけではないと思うのだが。)

 さて,ここでは「動き・構造」という点が肝心で,これは訳に書かれている「絶妙な」という形容詞一語では表し尽くせない意味が込められていると思う。
 文脈から考えれば「妙」を用いるときには,もっとはっきりした動き・構造をイメージしていたはずだ,と考えている。
【2017/02/12 18:20】 | 日本思想 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ
プロフィール

ouyuniedy3123

Author:ouyuniedy3123
安藤昌益の言葉を日々少しずつ聞き取りながら,その真に意味するところについて,自ら問いかける試みを続けてみます。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

ブログ内検索

FC2カウンター